読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極彩色

語りたがり考察したがり、めんどくさいじゃにーずをたく

A.B.C-Z楽曲大賞2017投票楽曲

念願の!A.B.C-Z単独楽曲大賞が!開催されたぞ~~~っっ!!! ということで私の投票楽曲とコメントをここに載せておきます。ほんっっとに好きな曲多すぎて困った。もう全楽曲1位ってくらいの気持ちです。 【楽曲部門】 1位 Vanilla 至高。何年経っても何度…

ジャニーズ楽曲大賞2016投票楽曲

いや~今年も楽しかったですねジャニーズ楽曲大賞!!!!! ということでジャニーズ楽曲大賞2016の私の投票内容をそっとここに置いておきます。ポエムコメントも全部そのまま。書く対象のグループによってテンションがだいぶ違うな…って我ながら笑ってる。 …

豪華すぎるシングル・A.B.C-Z「Reboot!!!」を全力で宣伝する~2/1発売です~

あけましておめでとうございます!!!!2017年!!!!A.B.C-Zのデビュー5周年イヤー!!!!祝!!!!!! そんな記念すべき5周年イヤー、デビュー記念日の2/1に発売するニューシングル「Reboot!!!」。これがすごい。コスパがやばい。かゆいところに手が…

2年ぶりに関ジャニ∞に会って惚れ直してきた話――関ジャニ'sエイターテインメント12/17

1年半前に、実はこんな記事を書いていた。 tk46.hatenablog.com 書くだけ書いて少しすっきりして、公開しようかと思ったけど、迷ってやめた。ネガティブな気持ちのまま書いた記事を、その気持ちをもったままピリオドを打ってしまうのはどうだろうと思って、…

【 #塚ちゃん30thBDブログ企画】星の瞳のアイドルの話【あと0日】

tk46.hatenablog.com 塚田くん30歳記念ブログ企画、本日最終日です。誕生日当日12/10は僭越ながら私・つきしろが担当致します…! ★ 初めてA.B.C-ZのコンサートDVDを見た時、私は「目の中に星が入ってるアイドルって、本当にいたんだ」って、衝撃を受けた。 …

"Are You Happy?"――アユハピツアー諸々感想

tk46.hatenablog.com あゆはぴツアーの全体的な感想はこちらで書いたので、今度はセットリストや演出を中心にした感想を。 前回の記事で「『エンターテインメントとして見応えがあった、刺激的だった』『腹抱えて笑った』の二種類の面白かった、があった」と…

「嵐」と書いて「Happy」と読む、「Happy」と書いて「嵐」と読む――ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?

「嵐」と書いて「Happy」と読むんだな、と思ったし、「Happy」と書いて「嵐」と読むんだな、と思った。 「THE DIGITALIAN」以来2年ぶりの嵐のツアーに行ってきた。 いやーーー楽しかった。楽しかったし、面白かった。この面白かったには私の中で二種類の意味…

【企画終了】塚田僚一くん30歳記念☆誕生日カウントダウンブログ企画

塚田僚一くん30歳記念☆誕生日カウントダウンブログ企画 企画開催期間・担当日等の詳細が決定致しました! 12/10追記:無事に企画終了致しました。本当にありがとうございました!! ご参加頂いたブログ記事につきましては下記にまとめてあります。 企画内容…

【 #淳太誕生日リレー】「アイドル」として生きる、まっすぐすぎる「人」【あと2日】

tokonatu1.hatenablog.com とこなつさんのこちらの企画に参加させて頂きました。素敵な企画をありがとうございました! ------------------------------------------ 私にとって中間淳太という人を一言で表すならば何だろう。 そう考えた時浮かんだ言葉は、…

【告知】塚田僚一くん30歳記念☆誕生日カウントダウンブログ企画

【塚田僚一くん30歳記念☆誕生日カウントダウンブログ企画】来る2016年12月10日、30歳の誕生日を迎える塚ちゃんことA.B.C-Z塚田僚一くん。「自担の三十路!この節目の記念に何かがしたい…!」そう思って、その勢いだけでこの企画を立ち上げました。見切り発車…

見たことない奇跡の光放つ――作文「A.B.C-Z Star Line Travel Concertと私」

A.B.C-Zが東京に帰った後の大阪の街は、立っているだけで汗をかいてしまうくらいの昨日の暑さは薄らいでいた。 コンサートの後のゆっくりと現実に溶けていく高揚と滲んでくる寂しさは、夏の終わりの気分ときっとどこか似ている。 A.B.C-Zとえび担の今年の夏…

ジャニーズオタク自己紹介バトン

遅ればせながら!やります~!ジャニーズオタク自己紹介バトン! バトンはこちらからお借りしました。楽しいバトンをありがとうございます。 okometokaraage.hatenablog.jp 【名前】 つきしろです。 最初は情報収集と壁打ちつぶやきくらいしかしないし~と適…

「まるで、落とし穴に落ちたような」

塚田くんの、自担の、初主演舞台が一週間前に始まって、今日*1千秋楽を迎えた。 「ボクの穴、彼の穴。」。ほんの一週間しかなかった舞台。普段のジャニーズの一ヵ月以上のスパンの舞台に慣れているからあまりにあっという間で、でも最高に幸せだった一週間。…

10Ks!、5月1日、東京ドーム

このツアーが終わった時、私はどんな気持ちになるんだろうとずっと思っていた。 2016年5月1日、18:00、東京ドーム。ジャニヲタになって7年間、何度も来たこの場所。私の一番大好きなコンサート会場は、その日その瞬間、今まで見たこともない熱量に包まれてい…

止まっていた時計を、もう一度動かしに行きました――Welcome to Sexy Zoneツアー

「もう一度 あなたの止まった時計の針を 僕らと動かしませんか?」 長く続いたSexy Zoneの「3人+2人とJr.」体制が終わりを告げた日、『カラフルEyes』リリースイベントの後に更新された薔薇色の日々*1で、風磨くんはそう記していた。 昨日、2年ぶりにSexy Z…

私とKAT-TUNの10年間――2016年3月22日によせて

当日は寝落ちしたため一足遅れたけれど、2016年3月22日とそれまでの10年間の話をしたい。 2016年3月22日は、我らがKAT-TUNのデビュー10周年記念日であると同時に、私自身4年間通った大学の卒業式でもあった。当日は晴天であったけれど風が結構強くて、折角袴…

KAT-TUN「UNLOCK」がやっぱり素晴らしかった話~フラゲからの感想編~

tk46.hatenablog.com 約半月前にこんな記事を書いたんですが、いよいよきました!!「UNLOCK」フラゲ日!!!フラゲしました!!!!見ました聴きました!!!!!やっぱり最高でした!!!!!!!! ということで今回は実際に「UNLOCK」の初回1・2・通常の…

4人のKAT-TUNの力を結集したシングル「UNLOCK」が素晴らしいという話

KAT-TUN界隈色々ありましたが、オタクとしてまずできることは悲観的になるよりも公式から提供されたものを享受すること、全力で楽しむことが大事で、そしてできるなら充電が終わった彼らの帰ってくる場所を微力でも守りぬくことではないかと思っている…ので…

いつの日か再会の花が咲くように

田口くんがいなくなった春のその先も世界は続いていく、KAT-TUNの未来は続いていく。そう気づかされたのはほんの数日前だったけれど、どうやらその春の先の未来は、私が思い描いていたものとは少し違うものとなるらしかった。 春の10周年ドームツアーが終わ…

春なんて来ない、と思いたかった

ふと夜明け前に目が覚めて、普段だったらそのまま二度寝するのに、今日は何となく二度寝する前にツイッターを開いた。TLを遡ってみるとスポーツ新聞の写真と、「KAT-TUN3人で10周年ツアー」の文字が目に飛び込んできて、一瞬で目が覚めた。 「来春をもちまし…

私はジャニーズが好きだ

あんな戸惑いと悲壮と絶望に満ちたTLを私は2か月ぶりに見た。まさかまた、しかもこんなに早く、ましてその主語が国民的アイドルSMAPであるなんて誰が予想しただろうか。 最初の報道から1週間、あの生放送から2日が経って、様々な憶測や意見や信用に足るとは…

ラッキィィィィィィィ7コンでハッピィィィィィィィになってきた

2016年現場初めはジャニーズWESTから!ということでラッキィィィィィィィ7コン1/7横アリ1部、パリピポぶりのジャニーズWEST現場に行ってきました。 楽しかったー!すっごい楽しかったー!いい現場初めでした! 追記から感想です。あと発言とかは一切メモをと…

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票してきました

ラッキィィィィィィィ7コンの感想も書きたいんだけどとりあえずまずはこれに投票しないと一年を終われない!!ということで投票してきましたジャニーズ楽曲大賞!! 今年は本当に難航した…その他の部門は速攻で決まったんだけど楽曲部門に投票したい曲が多す…

現場で振り返る2015

明けましておめでとうございます!!!!!カウコンが最高すぎて50回くらい年明けた気がしますが2016年です!今年もゆるゆるとブログを書いていけたらと思いますので宜しくお願い致します。 本当は年末にやりたかった2015年の現場まとめ&振り返りをしたいと…

ROAD TO TOKYO DOME~ジャニーズシングル売上枚数と東京ドーム公演の相関~

『東京ドームでコンサートをすること』 それは若手ジャニーズが一度は掲げる大きな目標であろう。 デビュー時からすぐにドーム公演をするグループもいれば、コツコツと何年も活動を続けて念願叶ってドーム公演に辿りつくグループもいる。5万5千のペンライト…

「私が信じた田口くん」の答え合わせをしました――KAT-TUN田口淳之介10000万字インタビュー感想

※MYOJO2016年2月号掲載・KAT-TUN田口くんの10000万字インタビューのネタバレを多分に含みます。まだ読んでいない方はご注意ください。 ※あくまでも一個人の感想とファンとしての都合のいい偶像の話です。できれば感想とかのフィルターのない状態で原文を読ん…

「可哀想なアイドル」はいない

「メンバー一同、誰1人として、"かわいそうなやつ"はいませんでした。」 これは、SexyZoneが1年半ぶりに5人としてリリースするシングル「カラフルEyes」のイベントが行われた後最初に更新された、SexyZoneの菊池風磨くんのブログの一文である。(正直、今回…

二日目の夜

私の心は24日の夜のあの瞬間に置き去りにされていて、週末から週明けにかけての各番組等々が始まらない限り立ち上がって歩き出すことはできないと思っていた。この感情がなくなることが全く想像もつかなかったし今のこの感情をまだ手放したくないと思った。…

一日が経った

一日が経った。夜が明けたら何か新しいことが分かるかも、詳しいことが分かるかも、と思っていたけれど分かったのは「春コンが白紙になった」「KAT-TUNの解散の予定はないとしているが今後の話し合い次第」ということだけだった。朝起きたら全部悪い夢だった…

雪が解けて春になった頃に「4人」はもういない

近いうちに、KAT-TUNの記事をたくさん書こうと思っていた。大好きなcomeHereコンのDVDがいかに素晴らしいか語る記事。4人が今最高に輝いてるからこそ残したかった5人の頃の思い出の記事。私がKAT-TUNで一番大好きな上田くんについて語る記事。10周年に向けて…

ABC座2015第一幕「サンズ・オブ・ザ・マッシュルーム」考察

本日・10月23日で私のABC座2015が終わりました。何度でも見たい舞台だった。叶うならもっともっと観劇したかったけれど、ものごとには終わりもあるし私の財布の中身も無尽蔵ではないので、思い残すことはないです。最高の秋だった!!!!! さて、今年のえ…

4年半かけて母やヲタ友に「KAT-TUNのコンサート行ってみたいかも」と言わしめた話

KAT-TUN春コンサート決定おめでとうございます!!!!! ついにきた10周年イヤーのお知らせ。後は日程のお知らせを待ってお金を用意するのみ。 ところで、ジャニヲタになりDDと化した私が最も布教に苦戦したグループがいます。KAT-TUNです。 私がKAT-TUNの…

キラキラの海の中で未来を描く――人生初のJUMPコンに行ってきました

昨日、人生初のHey!Say!JUMPのコンサートに行ってきた。JUMPing CARNIVAL、10月9日横浜アリーナ公演。 元々チケットは外れていて*1倍率も高いらしいし私のJUMPコンデビューはおあずけかな~と思っていたところに、2週間前くらいに急に姉から「友達がチケット…

新たな船を漕ぎ出す君たちへ――A.B.C-Z初シングルCD発売日によせて

2015年9月29日。A.B.C-Zの初のシングルCD「Moonlight walker」を無事にフライングゲットし、自宅のPCに音源を取り込んで聴いていた。 表題曲のMoonlight walkerを含め全種合わせて新曲は4曲。そして通常盤にはこれまでのシングルDVD表題曲をメドレー形式で集…

もっともっともっと大きな星になれ

A.B.C-Zに売れてほしいと思う。 本人たちがそう望んでいるから、というのが私がこの言葉を迷いなく口に出せる理由に確かになっている。売れたらできなくなることは沢山ある。適度に活躍してファンと付かず離れずの距離を保って楽しくやっていくスタイルもア…

中丸くん32歳の誕生日によせて

中丸くん、32歳のお誕生日おめでとうございます。 普段はこういうお誕生日記事とかあまり書かない方なんですが(いつも記事を書くほどの準備をする前に誕生日が来ちゃう)、ツイッターでつぶやいたこととかを少し形にして残しておきたいなと思ったので、こう…

始まりの日に、始めよう、A to Zを

8月29日といえば。 嵐の松本潤くんの誕生日の前日?夏休みの宿題を一気に片づけ始める時期?いいえこの日は、A.B.C.がA.B.C-Zになった日。橋本くんがA.B.C.に加入した日。 そう、A.B.C-Zの結成日です。 そんな記念すべき日に、Summer Paradise A.B.C-Z公演「…

「A.B.C-Z Ha"ss"hy ★Concert」

橋本くん初めてのソロコンサート。A.B.C-Z橋本良亮くんのソロコンサートに行ってきました。23日夜公演。 いつだったか橋本くんがタイトルに「A.B.C-Z」とついていることについて、「だって俺A.B.C-Zだもん」と言っていた(はず)けれど、今回のソロコンサー…

「小説A.B.C-Z」――A.B.C-Zを文学的に表現してみた

若干乗り遅れ感がありますが、先日のスマスマで行われた「小説SMAP」*1という企画がとても面白く、それに乗じて各所で行われていた「○○(グループ)を文学的に表すなら」というブログやツイートも大変楽しく拝見させて頂きました。 自ユニのものも見てみたい…

再演ファウストを楽しみきれなかったオタクの話

ミュージカル「ファウスト~最後の聖戦~」を観てきた。 モヤモヤしていても一晩寝ればある程度のことはすっきり忘れる脳内ポジティブお花畑野郎だし、私は舞台の良し悪しを判断できるほどの目は持っていないし、わざわざ負の感情の入った感想をブログに書く…

歌詞から見るA.B.C-Z楽曲の分布――A.B.C-Z歌詞分析・対応分析編

どうもこんばんは、データ大好きマンがまたやってきましたよ~!! と、いうことで以前この↓記事でA.B.C-Zの歌詞分析をやったのですが、 君とうたう、「夢」 ―― A.B.C-Zの楽曲の歌詞のテキストマイニング - 極彩色tk46.hatenablog.com KHCoderには「対応分析…

アルバム「A.B.Sea Market」の歌割りが天才的だという話をしたい

A.B.C-Zの実質初のオリジナルアルバム「A.B.Sea Market」が発売されて早1か月と少しが経ちました。 「メンバーによるセルフプロデュース」「(収録曲は)曲としてのよさで選んだ」と言うだけあって本当に粒揃いのアルバム。何度聴いても全然飽きない。 しか…

A.B.C-Zの未来は、明るいかい?――A.B.C-Z Early summer concert 代々木公演

A.B.C-Z Early summer concert、代々木3公演、お疲れ様でした。 めっっっちゃくちゃ濃い二日間だった…。なんだかんだで3公演全部入りまして、体も疲れているしちゃっちゃと寝るか~と布団に入ったはいいものの、うっかりiPodで今回のセトリを作って聴き始め…

君とうたう、「夢」 ―― A.B.C-Zの楽曲の歌詞のテキストマイニング

彼らは「今」をうたう ‐KAT-TUN楽曲の歌詞を抽出・分析してみました‐ - リチア電器microchappy.hatenablog.com こちらの記事を拝見して、「これは…!面白い!やってみたい!」「KH Coderって去年ゼミでちょっと使ったーー!テキストマイニングなつかしい!」…

安田担だと名乗ること、をやめたこと

※この記事は2015年5月17日に書いたものです。この記事の後日談とセットでお読み頂けたら幸いです。(2016年12月18日) tk46.hatenablog.com ☆ 自分の気持ちを文字にして整理しておきたかったので、こっそりここに書いておきます。すごく個人的な感情の話で、…

「quarter×4=1=KAT-TUN」

グッズ販売が始まった少し後にこんな数式をTwitterで見かけて、おや…?ついにKAT-TUNファン界隈にも変な数式*1が流行り始めてるのか…?と思ったんですが、グッズを買い終わっていざパンフレットを開いてみたら公式でした。ごめん。 でもコンサートを終えて振…

KAT-TUNにもう一度突き落とされた話

私のTwitterをご覧の方は「こいつ最近やたらKAT-TUNの話してんな」とお思いかと思いますが、私も思います。まさかもう一度、KAT-TUNにこんなに熱狂することになるなんて我ながら驚いています。 嵐を神棚において、えびに降りて、エイトも私の中で少し落ち着…

ブログ移転

やっぱりはてブさんが楽しそうで気になって、ブログ移転してみました。使い方慣れない…! 探り探りで使ってみます。どうぞよしなに。

THE DIGITALIAN、という風景。THE DIGITALIAN、という生き物。

2014年12月22日、月曜日。ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN、東京4日目。開演時間の18:00。 その瞬間、東京ドームは生き物となった。 OP映像と共に、ふっと消える客席のファンライト。そしてドクン、という音と共に赤く点滅する様がまるで東京ドームの…

ジャニーズ楽曲大賞2014

今年も投票してきました~! 以下、投票内容とコメント(簡略?版)。 【楽曲部門】 1位 GUTS! / 嵐 こんな嵐を待っていた!嵐の王道・元気な応援ソング。振付も衣装もPVも最高。アラサーになって「VIVA青春胸を張れ」と若者を鼓舞するようになった嵐という…