読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極彩色

語りたがり考察したがり、めんどくさいじゃにーずをたく

16年目、塚田くんの、初めての"外"にて

Legendコンが楽しかった!ホールバージョン最高!!代々木だってあの演出この演出シビれたぜ!!という楽しい感想をまとめる間もなく、イットランズが始まっていました。
ファンが息つく間もないけれど、きっと塚田くんの方が息つく間もなかっただろうな、と思う。

私が入ったのは、全体として2公演目になる21日の昼公演。そしてほぼ1週間が経った27日の夜公演。
正直に言うと、最初に入った時はまだ2公演目だし、ある程度完成されてなくても仕方ないかなっていう気持ちで入りました。まぁ、最初はみんなバタバタでも回を重ねるごとにどんどんよくなっていく舞台もたくさんあるし。期待しすぎてがっかりしたくないという思いもありました。そんなことを思いながら、でもやっぱりわくわくもしながら席に着きました。
でもそんな心配は失礼だったと、見終わってすぐに思いました。脚本も、演出も、役者さんの演技も全部素晴らしくて、何も考えずにただただ笑えた。私は舞台の事は何も分からないけれど、すごくいい舞台だなと思いましたし、そこに塚田くんも出演していて、何より塚田くんが他の役者さんに引けを取らずに、しっかり舞台を動かす歯車の一つとして他の役者さんとうまく噛みあって、レズリーという一人の青年を演じ切ってくれたことが嬉しくて誇らしくて仕方ありませんでした。

舞台稽古が始まる前、塚田くんは雑誌でこう言っていました。
塚田僚一は舞台の裏に置いていく」「僕のキャラクターで笑ってもらうのではなく、物語そのものを楽しんでもらえるように頑張りたい」と。
塚田くんは見事にその言葉通り、舞台の上では完全にレズリーだったんです。

2回見て、気付いたことがあります。
塚田くん、全然台詞を噛まないんです。
この舞台はコメディだから台詞量も多いし台詞のテンポもすごく早い。しかもそれを舞台上で大きく動き回りながら言うことも多い。言葉遊びの要素も強いから、言い回しも間違えられない。人を笑わせるには台詞を言うタイミングだって重要だし、27日は2回公演だったからきっと疲れも溜まっていただろうと思います。だから、全然気にならない程度だったし演技自体には支障はなかったんですけど、他の役者さんはちらっと台詞を噛んでいるシーンもありました。舞台は生ものだし、そういうこともあるよなーと思うんです。
でも改めて思い返すと、塚田くんって全然台詞噛んでなかったな、と。

27日の昼公演では河合くんが来てて、メンバーが来てくれてテンション上がっちゃったのかその時だけは台詞をトチってしまっていたと聞いたんですが(笑)そういう時以外、この舞台で塚田くんがミスをしたところを見たことがありません。
そうそう、ファウストの時の河合くん五関くん、出発の時の戸塚くんもミスはかなり少なかったなと思います。余談になりますが、思い返して、そんなえびが誇らしいなって思いました。

塚田くんは文句なしにレズリーを演じ切ってくれた。しかも、ミスさえなく。先述の通り台詞の掛け合いが多い舞台だし、始まって1週間経っての2回公演で疲れてるだろうに。勿論レズリーは他の主要な役に比べて台詞量や早口で言うべき部分は少ないです。でも、それでも。

私はこの舞台で、「役者・塚田僚一」を見た気がしました。えび座やチェリーズで塚田くんの演技自体は何度か見たことがあります。でもえび座の時よりも圧倒的に塚田くんの普段の様子からかけ離れたキャラクターで、やり直しのきかない舞台という場で。ここまで振り切って、かつ完璧に役をやり遂げる塚田くんを見て、「塚田くんってすごい」と思ったんです。
ジャニーズ事務所に入って、16年。そのうちの大半の時間をいわゆる「舞台班」として過ごしてきた。先輩の後ろで沢山の舞台を踏んできた。スポットライトはなかなか当たらなかったけれど、舞台の真ん中でマイクを持ってキラキラしながら歌う役目は沢山の後輩に追い越されてきたけれど、でも、きっとアイドルとしての時間の多くを舞台の上で過ごしてきた塚田くんの16年は、全部全部糧になっている。力になっている。私はここ1年と少しの塚田くんしか知らないからあまり知ったようなことは言えないのだけれど、でも本当にそう思ったんです。
塚田くんは、伊達に16年、舞台を踏んでいるわけじゃないと。

1回目に見た時も2回目に見た時も、全くクオリティを落とさずに楽しませてくれたイットランズ。
ただ唯一変わったと思ったのは、カーテンコールの時の塚田くんの様子です。
21日に見に行ったときは、カーテンコールの時もずっとレズリーくんという感じだったんですけど、27日のカーテンコールで出てきた時にはすっかりいつものニコニコ笑顔の塚田くんでした。ついさっきまでレズリーくんだったのに、です。
約1週間経って、舞台本番とカーテンコールとの間に、舞台の裏に置いてきた「塚田僚一」を取りに戻るだけの余裕が出てきたのかな、と思って、塚田くんが回を重ねるごとに緊張が解けてもっと生き生きしてきたんだなぁとまた嬉しくなりました。初めての外部舞台、メンバーのいない一人だけの場所、そして始まったばかりの舞台ということで、16年この世界にいるといえどきっと沢山緊張していたんだろうな~と思います。
その緊張がほぐれて、でもきっと塚田くんは真面目で仕事に真摯な人だって分かってるからそこでダレるような真似なんてしないだろうし、程よくリラックスすることで塚田くんの演技がまたいい方向に向かっていくんじゃないかと、また少しわくわくしていたり。

デビューして間もないA.B.C-Zの物語はまだ始まったばかりです。そして、きっと「役者・塚田僚一」もこの初めての外部舞台でようやくスタート地点なのかもしれません。
多分私が思っていた以上にA.B.C-Zという人たちは、そして塚田くんは沢山の可能性を持っている人なのではないか…と、ここ最近の舞台ラッシュやコンサートを経て強く感じています。
これから彼らが、そして塚田くんが、どういう未来を描いていくのか楽しみで仕方ありません。そしてその未来の中に、役者として大活躍する塚田くんもいるのではないか?と、ついついそんな期待を、結構本気で寄せてしまう、16年目の塚田くんの「外」での姿でした。