極彩色

語りたがり考察したがり、めんどくさいじゃにーずをたく

【回答まとめ】アンケート「私が好きなA.B.C-Z」

【アンケート概要】

実施期間:2019年8月29日 23:59~2019年9月23日 0:00

有効回答数:103件

実施方法:webアンケート(Googleフォーム)を作成し、私のTwitterアカウント(@tksr_j)と当ブログに投稿

※数値化が目的のアンケートではないので、一人何度でも何エピソードでも回答可

【質問内容】

・誰についての好きポイントorエピソードですか?(複数回答可)

・好きポイントorエピソードをどうぞ!*必須回答

・あなたのA.B.C-Zでの担当は?

・何かございましたら(主催への連絡欄)

 

2019年8月29日。A.B.C-Z結成11周年の日、私は思いました。「A.B.C-Zのここが好き!って話をどんどん聞きたい!いろんな好きエピソードを共有できないかな!?」。

そんな気持ちから始まった、「A.B.C-Zのこういうところが好きだな〜!」という話を集めて「わかる〜!」とか「そんなエピソードが…!」とか楽しみたいなっていうアンケートです。

ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました!!!!!

 

*頂いた回答については、文字色を回答者の担当カラーにしています。

赤:橋本担桃:戸塚担紫:河合担青:五関担黄:塚田担緑:A.B.C-Z(箱推し)、コンビ推しなど灰:非A.B.C-Z/色変えなし:無回答

(○○くん寄りの箱推し、とご回答頂いた方はその○○くんの色にしています)

*分類は基本的にご回答いただいた際にチェックをつけて頂いたもので分けていますが、コンビ・トリオに関しては複数にチェック頂いた場合(「橋本」と「河合」にチェックではしふみエピソードなど)でも内容を見てこちらの判断でコンビ・トリオに振り分けている場合があります。

 

【もくじ】

 

 

橋本良亮

「クールな表情と歌声が最高なんだけど、時折見せるくしゃっとした笑顔がたまらなくかわいいところ!」

「可愛くてかっこいい顔と抜群のスタイルと歌声が本当に大好きです! 」

「名前しか知らなかったA.B.C-Zですが、ジョイポリスのコラボビジュアルを見て橋本良亮くんに一目惚れしました…。イケメンすぎるやろ…。」

「ジェネレーション天国という番組で、砂糖を入れた麦茶を飲んで、若い人は美味しくないというリアクションが求められてるなか、速攻飲みほして「おいしかった、おかわり欲しい。」と言ったところ。」

「ジュニアの楽屋にピザの差し入れ」

「一番最初に見た時は、金髪のホストまがい?かなとちょっとだけイヤだったけど、中身の一生懸命さ、純粋で心が真っ直ぐで、ドンドン進化していく、年々セクシーがアップして、ライブに行ってからは歌唱力とダンスセンスの素晴らしさを感じてしまいました」

「とにかくやさしい。本人の人柄ゆえに少し乱暴ではあるけれど、ファンをお姫様みたいに扱ってくれる。2015年?の代々木での公開記者会見で「この子たち(ファン)を笑顔に出来るのは俺たちしかいないんで」と言った言葉がすごく好きで覚えています」

「コンサート最後、はける時の一言」

「良亮くんとハイタッチした時 良亮くんがギュっと握っってくれました。前後の方にもされてたみたいで私も後ろの方も赤色 身に着けてないのに嬉しかった。ハイタッチだし イベントだったから早く流さないといけないのにまさかのに出来事。優しく温かな人柄が伝わる良亮くんの手のぬくもり。今も忘れられないです。」

「橋本くんが笑っているだけで世界が明るくなり、メンバーもオタクも幸せになるから。」

 

戸塚祥太

「見た目はニコニコ文系男子なのに、アクロバット出来る、足上げ決めるところです!」

「演技がうまくてカッコいい所」

戸塚祥太氏の顔」

(ちなみに連絡欄にしてた項目に、“顔ファン“なのはダンス、演技、性格、その他諸々こみこみが大前提ですとの補足があった回答でした 戸塚祥太さんのお顔はいいぞ)

はなまるマーケットに出ることになり、情報番組に出るのに言葉を知らなさすぎると読書するうち、伊坂幸太郎さんの作品にはまり、読書が趣味になりダ・ヴィンチの連載に繋がったという一連のながれ。
えーっそんなことあるの?というドラマチックなエピソードに惹かれがちです」

「2012年頃のMyojo1万字インタビューで、肺気胸はなまるマーケットのレギュラーを休んだ時に「ネットで遊んでるところ見たっていう話が書いてあったりするけど、俺が入院してたってことを、おれが知ってますから(ニュアンス)」だから誰に何を言われても構わない、という趣旨を話していました。こういう考え方もあるんだ、って、素直に納得できました。他人に誤解されたり、根も葉もない噂を流されたときに、この考えかたをもらって立ち直っています(笑)私に新しい考え方をくれたり、人間的に尊敬できる部分が多く、自慢の自担です(誰)
たまに見られる奇行もそれはそれで人間らしくて好きです。笑
Mステでのウォキクラ事件()を後に振り返って自分の言葉で経緯を説明してくれる(ダウィンチ、ジョーダンバット3回目)ところもとても誠意があって好感を持てます。」

「あの素晴らしいフェイスにむちむちの体猫ヒゲスマイルに優しい心を持ち合わせ変人にもなりうるところ」

「今年の幕張での何気ない行動が好きです。
1人タオルをたらして、くるくる回していたり(幕張初日夜)
ズボンのポケットにペットボトルを入れようとしてたり(幕張2日目夜)」

「とっかかりは15年以上前の少クラ。たまに映るかわいい子、それが僕です僕ですとっつーです♪と歌い出し存在がはっきりと私の脳に焼き付きました。
かわいい子から美少年、美青年に成長してくれてありがたい限りです。
とっつーの痩せている時の顔、身体が""どストライク”に好みで特に寝盗られ宗助制作発表時とアルバムABCstarline特典映像はっしー、五関の休日の海でのTシャツ姿、海パン姿が大好きです!」

「5周年のハイタッチイベントの時、疲れる程にテンションがあがりどんどん面白くなっていく戸塚くんのレポを見て好きになりました。
元々お顔が好きでタイプではあったけど、戸塚くんのドM気質なところにトゥンク♡しました!」

「いつかのえびぶろで僕は愛になりたいと言っていたとつかさん。私は、愛は地球が滅びてもなくならないものだと信じているし(いつかのマリウスさんも言ってた)、とつかさん自身も"LOVE NEVER DIES!!"と言っていたので、そんな"愛"という永遠になりたいと言ってくれたことがなんだか嬉しくて大好きだなと思いました。」

 

河合郁人

「めちゃくちゃアイドルなところ!
コンサートでふみきゅんの笑顔を見るとそれだけでコンサートに入れてよかった!と思える!」

「プロアイドルなところ。
常に客に見られていることを意識している表情、仕草が本当にプロ。
ハケ際や暗転の中でさえも公演中に気を抜いている瞬間が片時もない。
その瞬間瞬間を常に監視していたい。」

「moonlight walkerの、ふみきゅんの「いけない果実をかじったよ」のパートが好きです!伝わるか分からないんですけど、いけない に入る時の い の言い方が好きなんです😭」

「前歯」

「2017年の河合くん(とじぐいわ)のエピソードです。
(当時)Prince神宮寺君のお誕生日にサプライズをしたかった岩橋くん。神宮寺くんを目隠しをしてある所に連れて行った。目隠しをとって着いたのは河合くん家。自分も疲れているのに、晩ご飯まだ?と聞いてカレーを作ってくれた。
私はこのエピソードをたぶん神宮寺くん発信で知りました。(娘が岩橋担なので)
その日は、おそらくえび座の千秋楽。次の日がラジオの公開収録で打ち上げ的なものはなかったのでしょうが、それにしても3週間くらい続いた舞台の千秋楽の日に、可愛い後輩の為とはいえサプライズに付き合いカレー作ってあげる河合くんすごい優しい!と思いました。
河合くんの後輩エピソードはバラエティーのネタにされるような物が多い(しそれも河合くんらしい)ですが、こんなエピソードもありますというお話。」

 「初めてあー好きだって思ったのはミュージックステーションでshower gateをパフォーマンスしている姿を見た時でした。A.B.C-Zの存在は嵐ファンだったのでアクロバットが上手なグループくらいの認識でした。だけどその日ちょうど嵐と一緒に出ている姿を見てえっすごいすごすぎる何って思ったのを覚えています。
その中でもなぜか柄タイツを履いた河合くんに惹かれ、私は嵐の翔くんが好きだったのでどこの共通点?となったのですが今思えば必ず前を意識して出来るだけ観客に後ろを見せない姿に惹かれたんだと思います。
今でもファンを1人でも多く楽しませるという意識とキラキラしたあの瞳に好きだなーと思っています。」

「郁人くんの「見つけてくれてありがとう」は何度 聞いても感動します。「光り続けてくれてありがとう」といつか伝えたい…。」

「いつのどのエピソード!というわけではないのですが、いつも明確に目標を口にしてくれる河合くんが好きです。
例えば、「オリコンで1位を取りたい!」や、「MCをもっと磨いて自分の名前のついた冠番組をもちたい!」などです。一緒にそこ目指して、その目標が叶うように応援したい!と思わせてくれます。いちオタクとして、彼のためにできることは何だろう?と考えることも楽しみのひとつです。」

 

五関晃一

「ラブバトルツアー大宮オーラスのえびラブで、上着の前を全部開けたまま「なに興奮してるんだよ」と仰った五関様。五関様の中の最高の五関様でした。思い出すと未だに興奮しちゃう。」

「一昨年のコンサート大宮公演で、未成年の主張を見た五関様が、俺も触発されたからいうね
と、マイク無しで叫んだこと
あれは会場の全員が泣きました
抱かれたい」

「一昨年のコンサート、仙台公演で、
オーラスということもあってか、罰ゲームで何をするのかと思ったら、忘年会で五関様が
「俺はこの5人でやっていきたいんだよー」と泣きながら話す五関様の姿が会場の画面に映し出されました。
五関様の泣き姿で会場全員泣きました。
忘年会での五関様の隣に戸塚くんがいたんですが、酔いもあってか
2人の距離感が30代男性の距離感ではなく密接していて、泣きながら話す五関様を抱きながら背中トントンしてた雰囲気の戸塚くんにも悶えました。そして、酔っている戸塚くんのお顔、目がトロンとしていて、一生忘れません。」

A.B.C-Zが直接関わってるエピソードでは無いので、的外れでしたらつきしろさんのお酒の肴にするのみで構わないのですが、2008年頃(2007年だったかもしれません)のKAT-TUNのライブで亀梨くんが五関くんのことを「五関」と呼び捨てした時に、JIN AKANISHIが「五関くんだろぉ!!」ってキレたのが印象的で、その時に五関くんって何者なんだ……?と気になり動く姿を見て、そのままドボンしたので、個人的に語り継ぎたいエピソードです。五関くんが周りからどういう扱いなのかが何となく分かったエピソードでした……。」

「生きているということ」

「・まずお顔。切れ長のつり目に少し下がった眉、琥珀色の瞳、高くて綺麗な鼻、薄い唇。愛らしくも凛々しいお顔。

・振り付けをする時になるべく音を取りたがるところ。いわゆる音ハメの多い振り付けが大好きなので五関くんの振り付けがドストライクで好き。

・五関くんの踊りと身のこなしが好き。無重力空間にいるかのような体の動き、繊細なステップ、スラリと綺麗に伸びた指先、爪先。音と同時にピタリと止まる体。難しい振り付けでも簡単にやっているように見えるところ。曲ごとの表情の作り方。

・キャラメルみたいに甘くてほろ苦い声。少年の声にも、大人の男性の声にも聞こえる不思議な声。

・お茶目なところ。あざと可愛くていつも頭抱えてる。
彫刻みたいに綺麗なお顔なのに笑うとしわくしゃになるのがとってもかわいい。愛しい。」

 

塚田僚一

「酔っ払って外で寝てたとか、女性アイドルが好きとか、とにかく人間らしいところ。」

「塚リカちゃんや塚だぁくねすを生み出した天才的な発想力」

「アウデラの編集しているところに行ってスタッフさんにご挨拶のうえで少しでもたくさん映してほしいとお願いした、その後スタッフさん方とご飯に行ったというエピソード。マツコさんに編集所まで陣中見舞いに行くのは珍しくてすごい、と言われていた。側から見ると図々しいお願いなのかもしれないが、そのあとご飯に行ってるところまでみると好意的に見てもらえたんだろうなと思う。塚田さんはMVメイキングでもスタッフさんに対して丁寧だし、挨拶とか気遣いといった基本的なことをきちんと行う人だから人に好かれやすいのだと思った。人間的に見習いたい。」

「ファンの心に優しく寄り添ってくれるところです。特に私が1番印象に残ってるのはLBTコンの神奈川公演で降ってきたハートのメッセージです。「辛い時があっても大丈夫!いつもキミのこと想ってるよ。塚ちゃん」丁度仕事で悩んでいた時期だったのでこれをその場で読んだ時は、なんてファン思いな人なんだろう、と、感謝と感激に胸が一杯になり、塚ちゃんのファンで本当に良かった!と心から思えた瞬間でした。」

「いつもニコニコ塚ちゃんが塚田担の人間には真剣な顔(もしくはかっこつけてる…?)でファンサしてくれるところ。それはずるい〜〜〜好き〜〜〜〜〜!ってなります。GwZで初めて直接的なファンサをいただいたのですが、夢心地とはこういうことなんだろうなとわかりました。」

 

コンビ・トリオ

はしふみ

「ここ数年の河合くんが橋本くんのツッコミを欲しがってる感じ!元々は橋本くんを教育してた厳しい先輩だったはずの河合くんが時を経て橋本くんに甘える関係性になるなんて胸が熱くなります。」

「ABC座の、自分は直接入った公演ではありませんが、レポで見かけたエピソードです。はっしーが「A.B.Cに加入したのが俺じゃなかったとしたら、誰が入ったんだろう?」と言った言葉に、河合くんが「はっしーじゃなければ、誰も入ってなかったよ」と言ったことです。加入当時ははっしーを育てるために厳しく接していた河合くんの口からそんな言葉が出て、はっしーも嬉しかったんじゃないかなと思っています。」

戸塚田

「【戸塚田】(確か)SLTのドキュメントで、ヘアセットを終えようとする戸塚くんに「もっとこうしない!?」とヘアアイロンを持って塚田くんが迫るも「いや、もっと時間がある時にしよう」と断られる。けれども諦めずに「前一緒に美容室行った時のとっつーがかっこよかったんだよ!あのとっつーがもう1回見たい!」と迫る塚田くん。断る戸塚くん。「えぇ……そう……」と諦める塚田くん。かわいすぎます。」

「大好きで大嫌いな戸塚田の関係が最高です。」

「戸塚さんの、塚田さんを「俺は塚田を大嫌いで大好きだ」発言」

「戸塚田の話です
これは10周年お渡し会の時のことなんですが、手の平を捻ってしまって湿布に包帯をしていたのですが、そこまではハイタッチをしていた戸塚くんが、とても優しく包み込むようにしてくれて、塚ちゃんは手大丈夫なの?そんな時に来てくれてありがとうね、ねえ、本当に大丈夫?って、わたしが見えなくなるまで言い続けてくれた事です。以前仙台ファンミの時に、来れなかったみんなの気持ちを伝えますって喋ったら、同じように戸塚くんにありがとう!ありがとうね!って見えなくなるまで声をかけられた事があるので、ああこの人達の魂がやっぱり好きだなと思った出来事でした。」

河五

「河五エピソードです。
2011年のPLAYZONEにて、河五、戸塚田のシンメに分かれてメイン曲をもらっていましたが、7/23の公演中に河合くんが怪我をしたため降板となり、それ以降は河五曲の「カンペキ!」は先輩の屋良くんが河合くんの穴を埋めてステージに立ってくれていました。その時に、屋良くんは五関さんの衣装を着て、五関さんは河合くんの衣装を着てステージに立ち続けてくれたことに、彼らの絆の深さを感じ、辛いながらも好きなエピソードです。
ただ、自分は河五のカンペキ!を見ること叶わず、現場では終始号泣してしまい衣装のことは正直全く記憶にないのですが…。今でも音源を聴いたりメイキングを見ながら、河五のカンペキ!に想いを馳せるPZ11の亡霊です。」

「河合くんが五関さんにだけ甘えるじゃないですか。抱きついたり尻揉ませたりその甘える河合くんをさらっと受け止める五関さんのコンビがとても好きです。」

ふみとつ

「ふみとつの遠すぎず近すぎない距離感がたまらなく好きです。去年のコンサートで披露された「ツカズハナレズ」で「君も僕は友達 君と僕はライバルずっと ツカズハナレズ」の大サビ前のフレーズを向き合って歌うふみとつは何度見ても涙なしには見れませんでした!!入所してからずっと一緒でシンメの2人にしかわからないことが沢山あるんだろうなと思うと、ふみとつ尊いです。」

塚五

「塚五の話です。塚五初心者です。ダンスのフォーメーションやアー写の並び的にシンメだと思うのですが、ダンスの踊り方が対照的だなと思います。塚田さんはガシガシかっこよく全力で!って感じに見えるのですが、五関さんは良い意味で力が抜けていて身体の使い方が柔らかく見えます。アー写の並びも両サイドに塚五、つづいてふみとつ、センターはしちゃんってところがとても頼もしく感じられます。」

ふみつか

「私の最推しコンビは馬肉なのですが、やはり馬肉の好きなところは塚田くんの河合くんに対するお兄ちゃん感です!スカイダイビングで河合くんに言葉をかけてくれる所や、河合くんをFUJIYAMAに乗せようとしたり、自撮りに辛辣だったり塚田くんの優しくて時たま容赦ないところが大好きです!また、河合くんが塚田くんに対して同じバラエティ班としての思いや、塚田くんのキャラクター性に対して感謝している所も大好きです!馬肉の2人は面と向かって絡むことが少ないのも萌えポイントです!」

とつご

「とつご」

「2018〜2019のラジオ(今夜はjsclub)でのとつごが好きです。特に戸塚くんに向けられてる五関くんの胸キュン、デートプラン、そして手紙が「えっ……戸塚さんだけじゃなくて五関くんも強火じゃん……」ってなってて、それをラジオだと存分に楽しめるので、今まで細々楽しんでたのが嘘のようにテンション上がりました。」

トリオ

「2018年5月26日のGOGO5が大好きです!はっしーが五関様を誘って2人で飲みに行き、気付いたら朝6時だった。
それをきいた郁人くんが、何で誘ってくれないの?何話したんだろ… 俺だけ楽しいとこに行けなかったとラジオの間ずーっと拗ねてたのが、可愛すぎて…最後に、はっしーが何で五関様を誘ったのかも教えてあげてて、優しいなー!って。郁人くんがメンバーを好きなとこがいっぱい聞けて幸せな回で大好きです☆」
「2018年5月のラジオでのやりとりが大好き!はっしーが五関様を誘って飲みに行って、気がついたら朝6時だった。
それをきいた郁人くんがその日のラジオずーっと拗ねてたのがかわいすぎました!ただの仕事仲間じゃない愛を感じました。あと大人の男子がそんなんで拗ねて、俺だけ行けなかった…とか言います?ってなりました。また、今年のライブではっしーが五関様と飲んだ秘密の話をしてくれたみたいで!そこは円盤化してもらいたいです!!
メンバー愛をめちゃくちゃ感じられたので、大好きなエピソードです💕」

(エピソードや文章の感じが大体同じだったので同じ方かな?と思ったのですが、少し言い回しが違ったので両方掲載させて頂きました。(どちらか片方でよかったようでしたらすみません…))

 

その他(A.B.C-Z本人たち以外の話)

「5周年のハイタッチの時、Twitterではイベントに参加されたえび担のことについてもレポが上がってました。
子供がいて、場所を譲ってくれた。
など、マナーが良いだけではなく、譲り合いのえび担さんのエピソードがたくさん流れてきて、A.B.C-Zだけじゃなくえび担もまるごと好きになりました。」

「私はたまたまFaFを見て沼落ちしたので、A.B.C-ZFaFを歌って踊っているという事実が優勝です。」

 

混合

[河合郁人/塚田僚一]

「塚田くんがゲスト出演していた、文字がうまくなるバラエティーで、◯をたくさん書くという練習があったのですが、楽屋で一生懸命◯を書き続ける塚田くんにたいして、「なんの仕事?」ときき、素直に「◯を書く仕事」と答えた塚田くん。それを受けて、河合くんがニコニコ「マルチだな~~」と答えたのが、ああ、A.B.C-Z好きだなと思いました。

うっかり「変な仕事~」とか、「なにやってんだよ」と言ってしまいそうなシーンで、その言葉が出るのはA.B.C-Zのいいところが出ているな…と思いました!」

[A.B.C-Z(グループ全般)/橋本良亮]

「ダンスでの魅せ方がすきです!」

[A.B.C-Z(グループ全般)/橋本良亮/コンビ・トリオ]

「・いつもいい意味でとっちらかってて、でも、歌やダンスのばめんになるとガラッと変わるところ
・メンバーそれぞれの飾らない人柄
・愛されるおバカさんたちであるところ
・ジャニーズの伝統をおそらく一番経験しており、ジャニーズとしての品があるところ
・とにかく平和なところ
はっしーと上4人の関係性
・色々とドラマチックなグループの歩み
・ふみとつという史上最強に麗しいシンメがいるところ
・つかごという史上最高のパフォーマーシンメがいるところ
はっしーという宇宙一素晴らしい絶対的センターがいるところ」

[A.B.C-Z(グループ全般)/その他(A.B.C-Z本人たち以外の話)]

「A!B!C!Z!パンパンパンパン!のコールが会場全体で揃うところ
兼YJ担なので内くんとの関係、NEWSとの関係
ジャニーズのステージ見たー!という満足感
ホーム感、多幸感」

「えび担はとにかく愛に溢れてる!メンバーの誕生日は担当関係なくみんなでお祝いして、シングルやアルバムが発売されたら他グループのファンにも紹介。コンサートで面白かったところは、見に行けなかったファンと共有してくれる。でもそれに義務感はなくて、純粋な「A.B.C-Zが好き!」という気持ちからなんだと思います。良い意味で気楽に応援できる。素敵なファンに囲まれたA.B.C-Zが大好きです。」

「全力でアホらしい企画を一生懸命考えて与えてくれる人がいる(ちゃんずー、ポニキャバラエティー企画など)ことと、A.B.C-Zがそれにバカ真面目に取り組むこと」

 

A.B.C-Z(グループ全般)

楽曲・パフォーマンス

「最初は河合くんの顔がいいなって思ってただけだったけど、A.B.C-Zとしてのパフォーマンスをみて、ジャニーズにもこんな凄いグループあったんだって思い、好きになりました。」

「ダンスが最高!!初めて今回コンサートにお邪魔したのですが、斜めから見てもポジションが完璧だと分かる!はっしーセンターに前後左右等間隔におにぃ達が並んで、ガシガシ踊ってるところにときめきました…。もしズレても自然にスッと移動する…すき…。
ダンスは個人的にとっつーのピルエットが大好きで…上に引き上げて顔もつけていてお手本のようです。ちゃんずーでレッスン受けてくれないかな…」

「SLTコンサートのFly a Fragなど、「体力が無尽蔵なA.B.C-Z」が好きです!しれっと踊ってる姿に痺れます。」

「ステージに甘えを持ち込まないところ。私たちをファンではなく、あくまで客として扱ってパフォーマンスしているところ。あと優しいところ。どんなにツンツンしていても話の端々に優しさが滲み出て垣間見えるところ。」

「デジタルの時代に、身体のみでエンターテイメントを作り出すA.B.C-Zに毎回感動します。
また、舞台上の一人一人から放たれる光(圧)がすごいです。他のグループの舞台を見て、改めて違いを感じ、自分でも驚きました。」

A.B.C-Zのこれまでの道のりは決して順風満帆ではなかったはずなのに、コンサートや舞台でステージに立っている時に「楽しい!!!!俺ジャニーズでよかった!!!!」という雰囲気が全員からにじみ出ているところ。その時出来る最高のパフォーマンスを見せてくれる(私の勝手な思い込みかもしれないけど)ところ」

「何よりはっしーの繊細な歌声と兄たちの個性的で伸び伸びとしたダンスが好きです。
あんなに素敵に歌い踊る人たちが、小学生みたいな小競り合いをしているのもギャップがあって可愛いと思っています。」

A.B.C-Zの楽曲はアクロバットももちろんすごいけれど、歌詞がいいと思います!いつも私たちファン、もっと言えばもっと広い範囲の人たちに「一緒に行こうよ!」「さあ!」と言葉を投げかけ、手を差し伸べ、背中を押してくれているなぁと感じます。これはいただいている楽曲の歌詞の良さと、五人の独特の雰囲気から醸し出されるハーモニーから来るんじゃないかなといつも思っています。」

「生歌が良すぎてCDだと物足りなくなるところ」

「かわいいかっこいい曲だけでなく、ロックな曲、面白い曲オシャレな曲などバリエーション豊富な楽曲はA.B.C-Zの魅力だと思います。」

「SLTの「渚のBack in your heart」が好きで好きで好きで好きで好きで好きで気が狂うほど好きです。
メンカラに光る球体に乗って宙に浮かび、客席を優しい顔で見渡しながら澄んだ声で歌うA.B.C-Z、背景は河合くんの合図で色を変えていく無数のペンライト。こんな素晴らしい景色がこの世にあったなんて…と感動し、A.B.C-Zにハマりたての頃は毎日10回以上見ていました。今でも週に1度は見ます。」

「ファルセット厨です。ファルセットがとにかく好きで好きでたまりません。
A.B.C-Zの楽曲はファルセットを使う曲がめちゃくちゃ多いので、私にとっては天国です。
特に五関さんと塚ちゃんのファルセットが好きで、「渚のBack in your heart」と「誰のものでもないこの道を」が推し曲です。Going with Zephyrの「アキヅキ」の河合くんのファルセットもとても好きなので、いつかコンサートでやってほしいです。」

ファンとの関係性

A.B.C-Zの5人が優しくて、温かくて、ファン思いなところが大好きです。」

「アイドルとファンという距離感を保ちつつ、コンサートのホーム感がすごい!けれど内輪ネタてんこ盛りという訳ではないのでファンじゃなくても楽しめる。『俺たちと皆でA.B.C-Z』『ファンバー』等の言葉が表すとおり、ほんとうに皆で楽しめるグループであるところが好きです。」

「「俺たちとみんなで」というC&Rはいろいろなグループのコンサートに行きますが初めて聞きました。温かくて優しいグループだと思います。」

「私はライブでのMCがすごくすぎてあの平和的空間をふぁんのひとが微笑ましく見てるあの感じがとても好きです。神戸のオーラスに行かせていただいたときに河合さんが強くなったって言って五関様にグーパンチしに行ったりしているのをファンの方達みんな。「そうだね強くなったね」と自分の子どもを見るように微笑ましく見ているあの雰囲気が最高にあー好きだと思いました。それはA.B.C-Z自体がとても素敵な雰囲気を醸し出してくれるからなんだろうなと思いました。」

「メンバーみんながファンが好きだっていうのが伝わってくるところが大好きです。相思相愛ってこういうことだなっておもいます。」

仲の良さ・メンバー内の雰囲気や関係性

「個性はバラバラなのに仲が良いところ」

「仲良い」

「ゆる~くてふわふわしてる雰囲気」

「みんな仲良しでいつもわちゃわちゃしてるところ。何してても楽しそう」

「ラジオやコンサートのMCの際のほんわかしたトークが好きです。この5人はアイドルを心の底から楽しくやっているんだなと感じます。」

「5人が仲間としてお互いを尊敬し、信頼し合えているところ。アクロバットの大技をするときによく「仲間を信頼してないと出来ない」て言う話が出てくるけど、本当にそれ。アクロバットがメインのチームは自然とチームワークがよくなる。」

「えび4人が、五関さん大好きで、三津谷くんにジェラシー燃やしたとの事(笑)。仙台レポより(特にふみとつの余裕のなさ(笑)と、塚ちゃんのしれっとマウンティング取るところと、はしちゃんの自分の前だけで泣いてくれるエピソード持ってる余裕、(笑))ともかく、皆が五関さんが大好きなエピソードを聴くのが好きです。」

4人のお兄ちゃんと橋本くん

「自分たちが額縁で橋本くんが絵画だと思っていたお兄ちゃんたちのことを、橋本くんは虹みたいに手を伸ばしたら届きそうなのに全然追いつけない存在だと思っていたことにリンネで泣かされました…」

はっしーの存在を大切に思っているところ。はっしーの誕生日だけはみんなで集まるんでしょ。」

「私はおにいずと橋本という構図が堪らなく好きです。某アイドル雑誌はっしーにつけられたキャッチコピー「最強のお兄ちゃんたちへの最高のプレゼント」が堪らなく好きです。キスマイのとき目に見えて落ち込むおにいずに「大丈夫、俺ら強いじゃん」と言えず見守るしかできなかったことをあとで私たちに教えてくれるはっしーが堪らなく好きです。「みんながおじいちゃんになって俺がギリおじさんってなった時、4人のおじいちゃんをギュッとしてお礼を言う」という末っ子のはっしーがおじいちゃんになるまで一緒にいるつもりの彼らが堪らなく好きです。「もし俺が入ってなかったら誰が入ってたんだろう?」って言うはっしーに、「誰も入ってなかったよ」って言うおにいずの優しさが堪らなく好きです。そして、右も左も礼節も常識もダンスもアクロバットも何も分からないようなはっしーに自分が嫌われ役になってもいいと厳しく接した河合くん、本人はそんなつもりはなかったかもしれないけど年齢差を感じさせず喧嘩して捌け口になっていた塚ちゃん、優しく出来るようになるまで絶対に諦めさせずダンスを教え続けた五関くん、全てを包み込み受け入れあまやかしてくれたとっつーが堪らなく好きです。いつかはっしーの背後に真っ赤な薔薇が見えるようになる日まで、私はA.B.C-Zを応援していきたいと思います。」

グループ全体

A.B.C-Z全体のツッコミ不在(ツッコミがボケ)のおしゃべりが大好きで、そんなおーるばかくれいじーな5人なのに、舞台に上がればあら不思議!!役に入れば貴方誰!パフォーマンスになれば発光体!!!!!!5人ひとりひとりが輝くお星様!!なところが大好きです。あとところ構わず繰り広げられる戸塚田痴話喧嘩と河五タイムと1番大人でばぶな橋の構図がツボです。」

「全員おバカなとこ
かと思えば塚ちゃんが一番常識あったりするとこ」

「JUMPデビュー発表がショックだったはっしーがとっつーか塚ちゃんの膝に顔をうずめておいおい泣いたってエピソードをどっかで見かけたときはなんともいえないキモチになりました…君ら一緒のグループでデビューするんだよ…」

「それぞれの興味が自分の傾向と似ていて、メインカルチャーっぽくなく度が過ぎていると思われるところ。はっしーのファッション、とっつーの読書、河合ちゃんのジャニ、五関さんのゲーム、塚田君の体操。」

「関西人として、ちゃんずーでの5人の笑いのツボがそれぞれ違うところが興味深いです。(例:2016年7月マナー講座の回で慌てふためく五関さんの「お待ちくさい」発言に大爆笑するふみさん、体を屈めて必死に笑いを堪えるはっしー、特に何の反応も示さない戸塚田コンビ)」

「2011年11月、彼らのデビューが発表される少し前、全員後輩のSexy Zoneのデビュー曲のリリースイベントがあり、A.B.C-Zが急遽呼ばれてセクゾと一緒に握手をしたり、外で並ぶファンのためにひたすらMCをしていました。その時はまだA.B.C-Zがデビュー出来るかもわからず、後輩のために頑張る姿に胸が苦しくなりました。それでも、嫌そうな態度を一切取らず、主役はSexy Zoneだからと一歩引いた立ち振る舞い、いつでも手を抜かないそんなところが大好きだと、デビューするまで絶対に応援し続けると心に誓いました。当時貧乏学生だったので、1枚だけCDを買って握手に並びましたが、あの時の河合くんの優しい笑顔としっかり握ってくれた手の強さは今でも覚えています。」

「伝説の停電えび座回に最前ドセンで入っていたのですが、その時の彼らの手際の良さとファンへの温かい対応に本当に驚きました。とても優しくて漢らしい彼らを見ることが出来て、無人島に行くなら迷わずA.B.C-Zと行きたいと思いました。
話し始めると偉い長くなる話なのでまとめましたが、とにかくかっこよかった。」

「デビュー5周年記念イベントが、初回盤Reboot!!!を買った人なら全員参加でき、パフォーマンスとお渡しを何回も繰り返してくれたこと。
自分は行けなかったけど、レポ読みながらすごい!(えびもえび担も)って思いました。」

「2018のえび座のときジャニーさんに「僕はA.B.C-Zのファン」と言われたことが、5人もとても喜んでいましたがわたしもめちゃくちゃ嬉しくて、その記事を見た時嬉しくてたまりませんでした。」

「全体:ライブ前のコールがものすごい勢いで揃うところ、ジャニーズ見た~という充足感がはんぱないところ、55でファンのみんなにも悔しい思いさせてるかも…という河合くんの挨拶とそれを包んだ会場全体の空気、ドームに立ちたいと言い続けてくれる橋本くん」

「みんな歌が上手くて、ダンスもアクロバットも出来る、グッズデザインや演出や演技や作詞作曲、振り付け幅広く輝く才能を持っている人達.˚‧º·(°இωஇ°)‧º·˚.ファンを大切に思ってくれながら、メンバー達のケアも忘れず、こんなに仲が良くて、笑顔が絶えないグループがいるんだなって、彼ら5人ならなんでも成し遂げられるだろうなって感じます。本当に可愛くてメンバー全員大好きです。元気と勇気と力強さ、希望、愛たくさん与えてくれる彼らが本当に大好きでしょうがないです° ✧ (*´ `*) ✧ °」

「私の中では、ジャニーズ=薔薇のような華やかな花 みたいなイメージあったのですがA.B.C-Z
華やかな花みたいな感じではなくて
どこにでも咲いている花なんだけど
生命力が強い。踏まれても踏まれても枯れない。
華やかな花に沢山の人が目を奪われて、気づいて貰えなくても、凛と咲き続けていて、すごく美しい。
手を伸ばせば触れられる距離感だけど、どう頑張っても触れられない。
近いんだけど遠い。
それがもどかしくない。むしろ程よい距離感。

そんな感じがして、すごい好きです。」

「ジャニーズアイドルを好きになったのはえびちゃんが初めてです。抽象的な話になってしまいますが、アイドルのことを漠然と怖いと感じていた私でもえびちゃんたちは「この人たちなら好きになっても大丈夫かも」と思わせてくれるあたたかさがありました。本当に好きになってよかったと思います。それからも仕事で辛いときや落ち込んでいて何もしたくない時に「えびちゃんのラジオなら聴けるかも」とラジオをつけて元気をもらうこともあります。ちょっとずつ前に進む勇気をくれる、不思議なグループだと思います。」

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------

 

以上が頂いたご回答になります!!

読んでいてすごく、わっわかる~~~!!!の連続でしたし、こうやってブログにまとめながら何度もぐっときていました。

どういう形でまとめようかずっと迷っていたんですが、頂いたご回答がすごく素敵だったので私のコメントは変に挟まない方がいいかなと思いこういう形になりました。

ここまで読んで下さった方にも、少しでも楽しんで頂けたり、A.B.C-Zいいなって改めて思うきっかけになれていたら嬉しいです。私もまた改めて読み返しながら板チョコアイスをかじる優雅な週末したいと思います!!!!!(塚田くん改めてCMおめでとう!!!!!)

改めてご回答いただきました皆様、そしてここまで読んで下さった皆様、本当にありがとうございました!

 

 

そして連絡欄にコメント下さった方へ!連絡欄として設けていたのでお返事する前提ではなかったのですが、お返事したいコメントがあったのでいくつかピックアップしてお返事させて頂きます。

(頂いたご回答やコメント、全て拝見しております!ありがとうございます!)

・「アンケートありがとうございます」「楽しみにしてます」と書いて下さった皆様

本当にありがとうございます…アンケートとるとき回答集まらなかったらどうしようとか投げたはいいもののみんな別にいいやって感じだったら寂しいな…とドキドキしているので、温かいお言葉すごく励みになりました!ありがとうございました!

(そしてM様!(お名前出していいか分からなかったのでイニシャルで失礼します)前回のアンケートの際も今回もご回答ありがとうございます~~!またコメント頂けて嬉しかったです!)

・「ブログやツイートいつも見てます」と書いて下さった皆様

いつもうるさいか重いかの文章ばかりだというのに懲りずに(?)読んで下さっていつも本当にありがとうございます…!みなさん心が広い!!!嬉しいです!!!!!

私のツイートがA.B.C-Zにはまるきっかけの一つだった、C&Rシートが役に立ったと言って下さった方もいらっしゃって本当に嬉しかったです。本当に楽しいからA.B.C-Z楽し~~!!って発信してるんですが、もし誰かの目に私のツイートが留まった時になんかえびのファン楽しそうだな~愉快でいいな~って少しでも思ってもらえたら最高だなっておこがましいながら思ってるので…。C&Rシートもどこかで少しでも役に立ったら嬉しいなって思っていたので、そう言って頂けてすっごく嬉しかったです!!

・KHcorderについてのコメントを下さった方

えーーっ!!?すごい!!まさか私きっかけでKHcorderを知ってお役に立てたとは…。私のただのデータ大好き分析大好き趣味がそんな風に繋がってお役に立つことがあるなんて、驚きましたし嬉しかったです!!笑 KHcorderいいですよね…私もちょっとしか知識はないのでお遊び程度の使い方ですが、文章をこんな簡単に分析にかけられるなんてありがたい…。A.B.C-Zを好きになってから新しい世界がどんどん広がっていくの楽しいですよね~!(そのひとつがKHcorderというまさかの広がり方でしたがw)コメントありがとうございました!

 

それではこれで本当に以上になります!ありがとうございました~~!!!