極彩色

語りたがり考察したがり、めんどくさいじゃにーずをたく

加藤シゲアキさんに一段階降伏した話

最初に言っておくと、これは担降りブログでも担増やしブログでもありません。

しかしこうして文字に残しておきたいくらいには、現状加藤シゲアキさんにだいぶ陥落しているので、記事を書かせてほしい。

 

私が初めてNEWSコンに行って加藤シゲアキさんのファンになるまでの経緯はこちら

tk46.hatenablog.com

これがNEVERLAND東京ドーム公演の話なので、昨年6月。

その後しばらく夜な夜な手元にあったNEWSと加藤さん関連の録画を見る日々を過ごしていましたが*1、自ユニであるA.B.C-Zのアルバムが発売され、えび現場期間も再開し(NEVERLANDは私にとってちょうど約1ヶ月間のえび現場谷間期間にあった)、7月末から待望の5周年ツアー!!!と怒涛のA.B.C-Zアニバーサリーイヤーの歯車が再び回り出すとA.B.C-Zだいすき;;;;;;;;;;;」A.B.C-Zをまた全力で追いかける日々が始まり。

NEWSのことが好き!!という気持ちは持ったまま、テレビとかは追える範囲で追っていたし(金曜ビビットとNEWSな2人はネバラン後毎週録画を始めた。少プレは元々録ってる。まや天クイズの加藤さんかわいい…東京今昔写真館しばらくやってないね…?)、グリーンマイルも幸運なことに当選し観劇した(いい舞台だった……………………)。しかし基本的にはえび担としての日常を過ごし続け、A.B.C-Z5周年イヤーが終わろうかという頃、遂にあれの発売日が来た。

 

そう、NEVERLANDのDVD。

まずもう本当にコンサートとして好みど真ん中!!!だったし、とにかくコンサートのあやめをもう一度見たい…という気持ちで予約。とはいえ油断して予約出遅れたせいかフラゲ日どころか発売日にも届かず、最終的になんだかんだで初見はその週末にえび担兼ネバランを経て小山担を始めたフォロワーさんとの鑑賞会に。

他にも色々盛り沢山で持って行ったせいで肝心のネバランはMC集とアリーナの途中までしか見られず、その時点では「あーやっぱNEWSかわいいーーー!!!!MC集楽しいーーーー!!!!衣装良いーーー!!!!ネバラン好きーーーー!!!!」って感じで、NEWSに対する熱量が復活してきて、映像見てご飯食べてにゅーすの話えびの話あとにゅーす当落こわい(震え声)みたいな話をして別れた。

 

しかしそこまではまだ理性があった。加速したのはそこからだった。翌日、ドームの映像を再生してしまった。

NEVERLANDのコンサートとしての素晴らしさは以前の記事でも触れた通りなので割愛するけれど、1回しか入らなかった分、映像で見ると新たに気付くことも沢山あって、そして美しいお顔や素敵なお衣装や派手でかわいくてきれいな演出たちを映像ならではの角度や距離で堪能できて、ドームの思い出と同時に新鮮な大興奮もありまくりで、私自身ドーム厨でドームならではのド派手な演出が大好きなことも手伝って、ドームを再生し始めたらいよいよ勢いが止まらなくてもうずっと大興奮で午前中に見始めたはずなのに気付いたら日が暮れていた。こわい。

一度火が付くととにかく延々と繰り返し観続けてしまう典型的なオタクの私はそこからもう毎晩NEVERLANDの扉を開ける。毎晩NEVERLANDとEMMAの衣装と演出の最高っぷりに圧倒され、D.T.FやサマラバやTouchやポコポンペコーリャのかわいさに悶え、BrightestやORIHIMEの美しさと演出力に見惚れ、Silent Loveの増田様のラップを聴く度に墓を建設し、フルスイングやURに毎回新鮮にNEWSというグループの素敵さに心動かされ、BLACK FIREの各人の格好よさとテゴシゲWセンターにシビれ、そしてあやめはもう…言わずもがな…。

 

本当にずっとNEVERLANDやNEWSの映像を見ていて頭の中がNEWSに染まってきていてこれはヤベェな、と我ながら思い始めたので、一つピリオドを決めることにした。

55ツアー*2フラゲ日前日までは心置きなくNEWS強化週間にしよう。

これはオタクとして一度火が付くと延々それを見続けてしまう、同時に熱量が落ち着くのも早い私の性質を鑑み、「どのみち55ツアー見始めたらA.B.C-Zさいこう(号泣)ってA.B.C-Zまっしぐらになると思うからその前まで思う存分NEWSを楽しんでみよう」という意図があった。つまり、私のNEWSに対する熱量は一時的なものだろうと想定していた。

そしてそこからはもう延々とNEWSを見た。NEVERLANDと並行して過去の録画も引っ張り出して再びNEWSを見まくった。私的NEWS強化週間の最終日にはついに我慢がきかず、カカオ*3収録DVDも買ってしまった。

 

そして55ツアーをゲットした。フラゲ日に意気揚々と見始めて、ドキュメンタリー再生2分であの夏が蘇ってきて「A.B.C-Z~~~~~~~~;;;;;;;;;;;」って胸がいっぱいになっていた(早い)(ドキュメンタリーは120分超あります)。ドキュメンタリーも本編も最高で、横アリでA.B.C-Zが単独コンサートをしたという事実だけで何度だってぐっときた。昨日までしぬほどNEWSを摂取していたけどA.B.C-Zに対する熱量は揺らがなくって、ああやっぱりこの人たちが私の自ユニだ、塚田くんが自担だ、って思い知った。ドキュメンタリーの、ホールのあの曲で踊る自担(えび担なら察して貰えると思う)が収録されていてしんどいメーターが振り切れた。かっこよすぎてむりポニキャたんありがとう一生ついてく……………………………。

 

なのでここで私はまたえび担としての日常に戻って、NEWSは茶の間に毛が生えたゆるいファンに戻る予定だった。そのはずだった。

ところがどっこい、私的NEWS強化週間が終わってもなおふとした思考の隙間にNEWSが、加藤シゲアキさんが入り込んでくる。油断した隙に頭から離れなくなっている。いやまってこわい。これはこわい。どうしたことだ。気付いたら頭の中で加藤シゲアキさんのことばっかり考えてるんだけど、なにこれ?これが恋?(違)

NEWS担の方のツイートを拝見して、「えっなにその加藤さんかわいい」って新たな一面を知って悶えたり、テレビやラジオで意識的にNEWSを摂取したり(丁度KちゃんNEWSもその時期コヤシゲ回だったありがたし…)、一旦ブレーキを踏んだはずだったのに、どうやら知らないうちにブレーキはぶっ壊れていたみたいだった。ブレーキが軋むなら止まるのを諦めて…自担と呼べなけりゃ名前はどうでもいい…とかハネウマライダーポルノグラフィティ)の替え歌を頭の中で歌い始めるくらいにはヤベェなと思っていた。

 

いややばいな…これはちょっと想定外だな…どうしような…っていよいよ頭を抱えていたある日、久しぶりにジャニーズwebの更新情報欄に「シゲアキのクラウド」の文字が上がった。加藤さん久々のクラウドだ~~~~!!!!と勢いよくアクセスしたら、どうやらそんなテンションの記事ではなさそうだった。そう、Twitter文学賞についての話。内容は、まだwebで読める記事なので読んでもらった方が早いかと思うので割愛。

正直、賛否両論分かれそうな記事だなとも思った。Twitter文学賞の主催さんにとても気を遣っているのは伝わってきたし、言葉を重ねてどうやったら伝わるか考えながら書いたんだろうなという文章だった。しかし同時に加藤さんの本音も書かれていて、その文章を見ると突き放されている印象ももしかしたら受けるかもしれない。実際、他担の私が見た範囲だけでもNEWS担、加藤担の中で色んな感情が見て取れたしそれもわかるなと思った。

だけど私はこの文章を読んで、まず、「どうしようか、加藤シゲアキのことが好きだ」と思ってしまった。

その時に私が書いた文章を引用(いつものアカウントには書いていなかったので文章だけ引っ張り出します)。クラウドを読んだ時点で件の賞にどんなことが起きていたのか全く知らなかったので、見当違いのことも言っているかと思いますが、最終的に今回の件だけでなくこれまでの加藤さんを見てきて思ったことも含めて。

もう何年も前、シゲゴリだったと思うんだけどラジオで加藤さんがファン文化か何か?(ごめん内容は全然覚えてない)とにかく何かに言及してファンがざわざわしていて、さわりだけ見て「わざわざ首つっこまなくてもいいのになぁ、自担だったらこんな風に波立つの大変そうだな」と思った記憶がすごいある

でも、田口くんの時も、去年の名古屋で声が出なくなった時も、加藤さんはわざわざ言葉にして発信した。他にも多分沢山あるんだろう。言わなければ、目を瞑っていれば痛みも気付けば和らいで過ぎ去っていくかもしれないことを。

それでも加藤さんは言葉にする。外に発信する。見ない振りをして終わらせられない。それは加藤さんの優しさなんだろうと今なら思える。加藤シゲアキのそんな誤魔化せない不器用でまっすぐな生き方、かつて自担にしたら大変そうと思っていたそういうところ、どうしようね私すごく好きだな

こういうことを言葉にするのは勇気がいると思うんだ。不特定多数の様々な視線に晒されるアイドルなら尚更。様々な誤解のリスクもある。怖いし、沢山考えるし、疲れる。それでもこうやって自分の真意が伝わるように言葉を尽くしてくれる加藤シゲアキというアイドルは優しくて強い人だなと思いました

私とかはなーもやもやしてもすぐあきらめてしまうから。私は優しくないのでそういうとき面倒だし疲れるし言ってもどうしようもないって諦めて見ない振りして放っておいてしまう。だからすごいなって。

本音そこまで言っちゃう!?ってところまで言葉にしてしまうのが加藤シゲアキという人なんだろうなーと思いつつ、そこまで伝えてくれるからこそこの文章にかけた気持ちが伝わるし、でもそこはさ、ちょっと塚田くんのへそのおへの自己評価を聞くときと似た気持ちを感じたよ!全く私の好きな男たちは!!

その後Twitter文学賞で起きていたあれこれを知り、加藤さん自身これ以上見ていられなかったのかなというか自分の著書でこういったことが起きているのが居たたまれなかったのかなとか改めて色々考えたけれど、どちらにしろ加藤さんが好きだと思った気持ちは変わらなかった。

かつて「自担にしたら大変そう」と思っていた部分を「好き」と思ってしまったことに、あっもうこれはくるところまできてしまったな、と思わぬタイミングで思い知らされた。

 

そして直後発表されたアルバム『EPCOTIA』。KちゃんNEWSで加藤さんが「今年も大クセNEWS!」 と言っていたのでどんなものがくるのかソワソワしていたが、NEVERLANDの世界観を引き継ぎ!?宇宙旅行~~!!??最高が約束されている~~~!!!!!!!!!正直NEVERLANDが最高に好みだったあまり、次がハマらなかったらどうしようという危惧があったけれど、どうやらその心配もなさそうだった。即刻2種予約しました。

その日の夜、珍しく前回更新から間をあけずにクラウドが更新された。どんな内容かと少しドキドキしながら開いてみたら、余りものでパスタをつくりましたっていうお料理インスタシゲアキ回。*4…あの更新の後、間をあけずに更新されたのがこのお料理写真?邪推かもしれないけど、前回の更新の雰囲気を和らげようとするかのようなこの平和かわいいインスタシゲアキ?前回の更新のこと、ちょっと気にしたりしてた?それで料理作ったからwebに上げようとか思って写真撮ったりしてた様子を想像すると、かわいい なにもうかわいい!!!!愛しすぎないかこの30歳!!!!!!!!!!??????

 

もう観念しました。認めます。私は加藤シゲアキさんが好きです。NEVERLAND以降、NEWSなら加藤さんが!!好き!!!!!とは言っていたけど、どうやら私は私が思っていた以上に加藤さんのことが好きになってしまっていたみたいです。

自分でももうよくわからない。A.B.C-Zのことも塚田くんのことも相変わらず大好きだし自担なのにそれと同時に加藤さんに思考回路を狂わされている。一周回って、何で私こんなに加藤さんのこと好きなんだろう…ってよくわかんなくなってきてるけど、加藤さんのことが頭から離れないからもう認めるしかない。

 

加藤シゲアキさんにまず一段階降伏したので、Twitterのプロフィール欄がしれっとこんな風に変わっていました。

f:id:tk46:20180212161854p:plain

加藤シゲアキさんが増えた。

 

こんなに加藤さんに溺れている現状なのに、なぜ担当と名乗らないの?ともしかしたら思われるかもしれないけれど、それは別に意固地になって名乗らないわけではなくて、まだ私の中の「担当」の定義に当てはまってはいないから。まだそこまで至っていないからです。

私にとって担当って「担う」っていう文字がある通り、担うものというと大げさだけれど、それの「当事者」であるということだと感じていて。そして同時に一緒に走っていきたいか、未来を当事者として一緒に見たいか、っていうことなんだろうとA.B.C-Zと塚田くんの担当をしていて思う。NEWSと加藤さんにそれを感じていないかというと、「まだわからない」が正直な気持ちです。今後そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。それは私にも全く分からない。

ただ現在、A.B.C-Zや塚田くんと同じ熱量と視点で応援しているかというとそれはまた違う形なので、そこに並べるのはまだ違うなという、軽率に並べてしまうと双方に失礼な気がして、「まだ担当ではない」というところです。

A.B.C-Zだって最初は全く担当にするなんて思ってなかった。存在を知って、好きになったけど、半年くらいは「結構好き」程度で留まっていた。担当にするまでは、知って、好きになってから1年以上かかった。

ただA.B.C-Zと塚田くんを自担にしてから、それ以上上(デビュー順的に)のグループに今更新たにハマるなんて想定外だった。だから本当に私もどうなるかわからない。このまままたすぐ熱量がスンッ…と落ち着くかもしれないし、今のまま現状維持かもしれないし、さらにハマっていくかもしれない。

 

ただ、一つだけ。今年は折角のNEWS15周年イヤーだから、気が済むまで「NEWSが好き」という気持ちに向き合ってみようと、それだけは決めました。

 

もうすぐツアー当落だから、こう勢い込んでツアーとれてなくて行けなかったら笑うけどね………ハハッ……………倍率こわいね…………こんなに倍率がこわいのは嵐コン以来だよ…………………私の今年の目標は加藤さんのうちわを持つことだから………………

 

加藤さんへの好きを認めてしまってから、もう加藤さんの言動もお顔もかわいくて仕方ない。かわいいかわいい!!って思ってたら突然のかっこよさと美の暴力とアイドル力で息の根止められる。NEWSの曲を聴くと加藤さんのソロパートが全部最高でいちいち心臓にくるからしんどい。こわい。かとうしげあきこわい。SHIGEAKI SHINDOI.

でも、加藤さんへの好きを認めてから楽しい。加藤シゲアキさんのファンは楽しいです。もちろんNEWSも。小山さんも増田さんも手越さんもすごく好き。NEWSまるっとかわいくて愛しい。そしてNEWSの中にいる加藤さんが一等好き。

 

まだ自担じゃない。だからこれは担降りでも担増やしでもない。じゃあこの気持ちにつける名前はなんだ?それは分からない。だけど、私はアイドル・加藤シゲアキが好き!!!!!!その思いがどうしようもなく膨れ上がって、すとんとくる名前がなくたってその思いは私にとって真実だ。

ということで、改めて、よろしくお願いします。私の好きなアイドル・加藤シゲアキさん!

 

 

*1:2013年あたりからNEWSいいな~とゆるく茶の間で思っていたので無駄に録画だけは残していた。サンキュー過去の私

*2:A.B.C-Zの5周年ツアー、そしてそのDVDのこと

*3:加藤さん19歳の頃のソロ曲。すごい(すごい)

*4:ハッシュタグが羅列されハッシュタグで文章とかつくってる回